ラグビーチャンネルJAPAN

すべての人にラグビーを身近に!!

2017/2018シーズンのトップリーグ大会方式おさらい

2017/2018シーズンのトップリーグ大会方式おさらい

ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018大会方式・リーグ組分け・対戦カード

 

実は昨年の1月に決定していたんですが、開幕前におさらいしてみましょう!!

ジャパンラグビー トップリーグ2017-2018の大会方式は

まず合計16チームあるので8チームずつの2つのグループに分かれます

これを仮にAカンファレンス、Bカンファレンスと呼ぶみたいです。

http://www.top-league.jp/2017/01/30/tl-format-2017-2018/

 

 

自分のグループで総当りの全7試合、もう一つのグループと交流戦という形で6チーム、計13試合闘います。

http://www.top-league.jp/2017/01/30/tl-format-2017-2018/

 

 

その勝ち点をもとに各グループ2位までは日本選手権とトップリーグ総合順位トーナメントへとすすみます。

残りのチームは順位決定戦です。

http://www.top-league.jp/2017/01/30/tl-format-2017-2018/

 

 

2017/2018、2018/2019シーズンの体制はこのようになります。

 

なぜこうなったか、それは日本代表強化のためです!!

 

2019年にむけ日本代表を強化を最優先し、今回の変更にふみきりました。

現在、日本代表強化の主軸はサンウルヴズに置かれています。

世界最高峰のラグビーリーグに唯一の日本チームとして参加しているチームです。

今までは年に数回しかなかった世界レベルとの闘いが

シーズン通してできるようになりました。

 

北半球と南半球で季節が違うため

参加選手たちはトップリーグが終わって

すぐさまサンウルヴズに合流となるため

 

体を休められず、また、チームとしてのまとまりが充分でないまま

世界最高峰のリーグに挑むことになってしまい

改善を求められていました。

 

今回の改善は

前シーズンより1週早い8月第3週の開幕となり、優勝チームを決める最終試合は来年1月の13日か14日とかなりの前倒しとなります。

これによりスーパーラグビーまで5週間あけるという、日本代表ジョセフヘッドコーチの希望が実現しました。

 

日本代表が強くなることでさらにラグビーの人気が出るようにという、思いが見てとれる変更でした。

日本が強くなってくれることを応援しています!!

日本代表選手や世界強豪国の選手のすごいプレイが見られる

トップリーグもぜひ見に行きましょう!!

 

視聴はこちらから!!

トップリーグの情報はこちらから

会場、試合日程はこちらから

 

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top