ラグビーチャンネルJAPAN

すべての人にラグビーを身近に!!

みかんジュースが蛇口から!?おもてなしの国体ラグビー観戦記《前編》

みかんジュースが蛇口から!?おもてなしの国体ラグビー観戦記《前編》

少し時間が経ってしまいましたが、今月あった国体の観戦記を綴りたいと思います。

https://www.pref.ehime.jp/h40180/5739/gijyutu/kouji_kokutaimikyan.html

 

えひめ国体は現地班が行ってまいりました。

現地班の説明

他マイナー競技のサポートで国体に参加。オーストラリア在住時はクイーンズランドレッズや、オーストラリアの高校ラグビーを応援していた経験あり

 

国体とラグビー

出発直前に国体の記事にもありましたが、国体におけるラグビーの歴史は古く、昨年からは女子7人制も開始されました

あなたの県の逸材も出場する!? 国体ラグビー!!

 

愛媛県で国体が行われるのは1953年の第8回大会以来以来、実に64年ぶりで

松山市の駅へ降り立つと改札は歓迎ムード一色

松山駅

 

笑顔は君の為にある!?

駅を降りて、街や会場で常に耳にするのは 

えひめ国体イメージソング「えがおは君にのためにある」

最初は全く気付かなかったのですが、大会中あまりにどこででも繰り返し流れているため

帰る頃にはすっかり覚えてしまいました(笑)。因みに早朝のコンビニまで流れていた~!

歌詞はアマチュアを対象に全国116件の公募から選ばれた松山市在住の篠原勲さん。歌は愛媛県出身の人気声優で歌手の水樹奈々さん。

 

愛媛県の特徴や、選手団を歓迎・応援するメッセージが心に響く素晴らしい曲で、自分の中では国体だけでなく 愛媛県の歌 になっています。

是非、この観戦記のBGMに聞きながら読んでみて下さい。

 

えひめ国体の徹底した歓迎ムード

市内には大会マスコット「みきゃん」ちゃんが…

駅前のアミューズメント施設も国体一色

駅前のアミューズメント施設も国体一色

 

 

UFOキャッチャーの景品も2017国体みきゃんちゃんとダークみきゃん。UFOキャッチャーの景品も2017国体みきゃんちゃんとダークみきゃん。 UFOキャッチャーの景品も2017国体みきゃんちゃんとダークみきゃん。

選手団と応援で市内の宿は軒並み満室!国体凄いな!!

繁華街銀天街の大型テレビでも国体のニュースが常に流される

繁華街銀天街の大型テレビでも国体のニュースが常に流される

商店街には地元の小学生から高校生が作ったスローガン!

個人的に一番気に入ったのが右

商店街には地元の小学生から高校生が作ったスローガン! 個人的に一番気に入ったのが↑これ

 

各学校が手作りの応援旗を作成。各県の特徴をよく捉えている。

自分の県の物を見つけると片っ端から写真を撮った(笑)

学校が手作りの応援旗を作成。各県の特徴をよく捉えている。

よく見るとこんなところまで…

えひめ国体花いっぱい運動、細かいところまで徹底しています

よく見るとこんなところまで…

夜の繁華街は国体の観客や応援関係者で賑わっていました

改めて国体の経済効果は馬鹿に出来ない!!

 

 

多くの競技が行われる中央公園へ

坊ちゃんスタジアムや松山武道館がある松山市中央公園では

人気競技の高校野球や、剣道、テニス、自転車競技が行われ

沢山の選手や応援関係者が会場を訪れていた。

 

競技開始を待つ早朝のテニスコートと坊ちゃんスタジアム

競技開始を待つ早朝のテニスコートと坊ちゃんスタジアム

自転車競技は松山市競輪場を使っていた。

自転車競技は松山市競輪場を使っていた。

中央公園には大会記念グッズのお店や屋台がズラリ。

みきゃんちゃんグッズが良く売れていた。

中央公園には大会記念グッズのお店や屋台がズラリ。

国体みきゃんグッズネットでも買えますよ~

 

 

ボランティアの皆さんのおもてなしに感動

どこの会場でも地元ボランティアの方のふるまいが味わえる。

因みに、筆者は地元養護施設!?のクッキーと地元婦人会提供の蛸飯頂きました!ボランティアのみなさんごちそうさまでした。

どこの会場でも地元ボランティアの方のおふるまいが味わえる。

ふるまい運動 http://www.ehimekokutai2017.jp/kokutai/egao/furumai/

 

どの会場にもドリンクコーナーが設けられており

選手・観客分け隔て無く飲み物が無料で振舞われる。凄いよ!えひめ国体!!

おふるまいも凄いが!どの会場にもドリンクコーナーが設けられており

 

 

筆者は今まで五輪やアジア大会、もちろんラグビーW杯と様々な大会へ行ったが、えひめ国体のボランティアスタッフの皆さんのホスピタリティは素晴らしかった。流石「お接待」の文化がある四国と云う土地柄だなと…。2020年の東京五輪もえひめ国体から学ぶことは多いのかも知れない。

 

また、ボランティア業務の中に情報発信業務があり、途中経過などを地元中学生などがインターネット上に掲載してくれていて凄く役立った。今の時代にマッチした新しいボランティアだと感心した。とにかく地元の方々のご理解とご協力は本当に頭の下がる思いでした。

 

国体ボランティアhttp://www.ehimekokutai2017.jp/kokutai/join/volunteer/

 

大会の交通

市内を歩いていると、選手を乗せた専用バスをよく見かけた。松山市は四国でも大きい都市でそこに大型イベントが来れば渋滞は必然で実際にラッシュアワーはバスが渋滞に巻き込まれたりした。それでもTVを見るとマイカー自粛などを訴えており県民の方の深い理解を感じた。

 

ホームは人で溢れていたが電車は臨時便が出され(市坪駅)

多くの会場にはシャトルバスやシャトルタクシーがあり観客はストレス無く移動出来た(四国中央市)

多くの会場にはシャトルバスやシャトルタクシーがあり観客はストレス無く移動出来た。(四国中央市)

 

いよいよ明日ラグビー会場へ

自分の競技があり、ラグビーにはいけなかったがようやく3・4日目はラグビーを観に行けることへ

しかし、そもそもラグビー会場の久万高原ってどこにあるんだ?

 

そんな訳で、松山駅前の総合案内所で久万高原の行き方をリサーチ。

ボランティアのお姉さんに色々と聞いて

さぁ明日はいよいよ男子成年ラグビーが行われる久万高原町へ…

 

おまけ

駅前案内所で噂の「蛇口からミカンジュース」を発見。

愛媛県と云えば「家の蛇口からポンジュースが出て来る!」と云う都市伝説!

ここで初遭遇も残念ながら「断水中」残念!!!明日こそはと思いながら宿へ…

駅前案内所で噂の「蛇口からミカンジュース」を発見。

ラグビーを好きになってもらえましたか? 熱狂のえひめ国体観戦記《中編》

あなたの県の逸材も出場する!? 国体ラグビー!!

佐賀県国体相撲チームお手柄!!転落の車を持ち上げ救助!!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top