ラグビーチャンネルJAPAN

すべての人にラグビーを身近に!!

簡単にわかるラグビーの観かた!!その3反則を5つだけ覚えて、あとのルールはレフリーの手に注目

簡単にわかるラグビーの観かた!!その3反則を5つだけ覚えて、あとのルールはレフリーの手に注目

ラグビーファンの卵の方々へ、試合の見方の一つをご提案します。

そのテーマとして考えるのは「選手の気持ちになって考えてみよう」!! 

簡単にわかるラグビーの観かた!!

その3つのポイントは?

  1. 「ボールを持ったら何ができるのか、リスクは何か」
  2. 「ディフェンス(味方がボールを持っていない方のチーム)が何をするべきか」
  3. 「“してはいけない反則”を5つだけ覚えて、あとはレフリーの手に注目」

 

その3 「“してはいけない反則”を5つだけ覚えて、あとのルールはレフリーの手に注目」

今までのボールを持っている選手ができること、ディフェンス側がすることのなかにあった「してはいけない事」は覚えていますか?
せっかくですから、ざっくりおさらいしましょう!

  • ボールを前に投げる(スローフォワード)
  • ボールを前に落とす(ノックオン)
  • 味方がボールを蹴った時に前にいる選手が、そのままボールを追いかける(オフサイド)。
  • 倒されてボールを放さない(ノットリリース ザ ボール)
  • ディフェンスが押し合いの固まりの最後尾まで戻らない or ボールが固まりから出る前に走り出てしまう(オフサイド)

まずはこの5つだけ覚えておけば十分です。

試合の流れを追う上で大切なのは、試合中は画面の中に映るレフリー、特に手(腕)を見ることです。
ルールがわからないと言う方の多くは「急にレフリーが笛を吹くけど、何でかわからない。」というものです。
はっきり言っておきます。まだ、その反則が何かはわからなくていいのです。試合をとりあえず楽しく見るために、細かい中身は今はレフリーにお任せしましょう。

レフリーは、次始めるのはどちらのボールなのか、また今どちらが反則を犯したのかを選手にも観客にも“あらかじめ”教えてくれます。

それは、「アドバンテージ」です。

レフリーは、
①何らかの反則が起き
②反則していない側がボールを持ち
③まだプレーを続けられる場合

つまり、『相手チームが悪いことをしたけど、もしかしたらそのおかげで上手く攻められるかもしれないから、ちょっと様子見てみようか?』ということです。

このとき“反則を犯していない側”に片手をしばらく真横に上げます。
これがアドバンテージのシグナルです。この間プレーは続きますが、もし反則していない側がうまく攻められなかったり、逆に反則してしまった場合は、そこでレフリーが笛を吹き、プレーを止めさせます。
その時には「ノーアドバンテージ・〇〇〇〇」と言って、改めて反則を取りなおします。〇〇〇〇は、ノックオンとか、オフサイドとかです。

そして、そのままうまく攻められた場合、レフリーは「アドバンテージ・オーバー!」と言います。つまり、“さっきの反則はもう取らないよ”ということです。両手を上げながら言ってくれるレフリーもいます。

試合を見ていると、どうしてもボールばかりを見てしまいます。とはいえ、「全体を見ろ」と言われても何を見ていいかわかりづらいと思います。
ですが、レフリーは常にボールの近くにいます。まずはボールの周辺とそこにいるレフリーを見ることを心がけると、ラグビーのスピード感がある中で、「よくわからない状況」が少しでも減るはずです。そうすればまた一つ、ラグビーを楽しく見られるようになるのではないでしょうか。

簡単にわかるラグビーの観かた!!

簡単にわかるラグビーの観かた!!その1プレイヤーができることとリスクとは?

簡単にわかるラグビーの観かた!!その2ディフェンスが何をするべきか

簡単にわかるラグビーの観かた!!その3反則を5つだけ覚えて、あとのルールはレフリーの手に注目

Return Top