ラグビーチャンネルJAPAN

すべての人にラグビーを身近に!!

速報!花園への道 11月19日 17校まとめ 後半 第97回高校ラグビー

速報!花園への道 11月19日 17校まとめ 後半 第97回高校ラグビー
高校ラグビー
http://www.mbs.jp/rugby/

 

 

さあ!!先週決定した代表校と今週ある決定戦を見てみましょう!!

後半編

11月3週目に花園出場を決めた17校

花園予選が始まって最大の17校が出場を決めた11月3週目は多くの地域で順当に常連校が花園のへの切符を手にする中で、埼玉県の昌平高校が嬉しい初出場を決めた。また、徳島県では古豪の城東高校が10年ぶりに花園への切符を手にした。

茨城県 茗渓学園高等学校 6年連続23回目
埼玉県 昌平高等学校 初出場
千葉県 流通経済大学付属柏高等学校 23年連続25回目
神奈川県 桐蔭学園高等学校 3年連続16回目
愛知県 中部大学春日丘高等学校 5年連続7回目
大阪府1 大阪桐蔭高等学校 8年連続12回目
大阪府2 東海大学付属仰星高等学校 5年連続18回目
大阪府3 常翔学園高等学校 3年連続36回目
奈良県 御所実業高等学校 2年連続11回目
和歌山県 和歌山工業高等学校 3年連続23回目
鳥取県 倉吉東高等学校 2年ぶり4回目
岡山県 倉敷工業高等学校 4年ぶり5回目
広島県 尾道高等学校 11年連続12回目
山口県 山口高等学校 2年連続5回目
徳島県 城東高等学校 10年ぶり11回目
香川県 高松北高等学校 4年連続12回目
鹿児島県 鹿児島実業高等学校 4年連続18回目
岡谷工業対東京高校
岡谷工業対東京高校

代表校の横顔

鳥取県代表 倉吉東高等学校    6年ぶり11回目

準決勝

倉吉東 27-5 倉吉北

決勝

倉吉東 19-3 米子工

倉吉市に位置する県立の男女共学校。全日制・定時制の普通科からなる。創立は明治42年と古く倉東(そうとう)の略称で呼ばれる。春夏3度の甲子園出場を誇る野球部の他、ラグビー部は同県最多の11回目の花園出場を誇るもののまだ花園での白星が無い同校は同時に鳥取県勢18年ぶりの花園勝利を目指す。

 

【主な卒業生】

和田見里美(北京五輪自転車日本代表)前田寛治(画家)鳥飼欣一(物理学者)大坂弘道(人間国宝)

 

 

岡山県代表 倉敷工業  4年ぶり5回目

一回戦

倉敷工 179-0 合同A(岡山朝日・岡山一宮・城東高・林野高)

準決勝

倉敷工 34-17 津山工

決勝

倉敷工 33-17 岡山工

倉敷市にある男女共学の県立工業高校。地元では「倉工」の名称で呼ばれる。学科は機械・電子・機械・電気科工業化・ファッション技術科からなる。日本デニム発祥の岡山らしくファッション技術科はデニム縫製等も行い、今年からはデニムの染色や作品制作を行う「テキスタイル同好会」も発足した。盛んな運動部の中でも野球部は春夏合わせて19回の甲子園出場を誇り多くのプロ野球選手を輩出した。

 

【主な卒業生】

居郷肇(現西武ライオンズ球団社長)、水本勝己(現広島カープ2軍監督)岩津裕介・筒井裕哉(競輪)和氣慎吾(第41代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者)

 

 

広島県代表 尾道高等学校      11年連続12回目

準決勝

尾道高 114-0 宮島工

決勝

尾道高 83-0  崇徳高

尾道市の「しまなみ海道」の最初の島にあたる向島にある私立の男女共学総合学校。中等部を併設する。普通科は3つの進学コースとスポーツ芸術コース、工業科は電気・機械の2コースが用意されている。かつて水泳部は高校総体5連覇、モントリオール五輪では日本男子競泳陣が全員同校の在学生・OBという強豪だった。

ラグビー部はブリカンズの愛称で呼ばれ、同行の文化祭では最後にグランドボーイズというパフォーマンスを行う創部からの伝統がある。また部中に相撲班があり実際に高体連大会・国体に参加する選手もいる。またご当地の伝統行事や、因島水軍祭り小早レースへの参加など地域行事にも積極的に参加している。

 

【主な卒業生】

尾上俊光(近鉄)田口信教(ミュンヘン五輪100m平泳ぎ金メダリスト)細谷佳正(声優)

 

 

 

山口県代表 山口高等学校      2年連続5回目 

準決勝

山口高 67-7 高川学園

決勝

山口高 24-24 萩商工 ※規定によりトライ数で出場権獲得

 山口市にある男女共学の県立高校。全日制の他に定時制・通信制を有する。また徳佐に分校を持つ。創立は文化13年(1816年)と県内でも長い歴史を持つと共に、ラグビー部は山口県勢として第23回大会で初めて花園土を踏んだ。また一昨年の出場の際は、高校ラグビーでは最も長い64年ぶりの出場を果たし、同時に65年ぶりの花園での白星を飾った。

 

【主な卒業生】

種田山頭火(俳人)国木田独歩・重松清(作家)中原中也(詩人)

岸信介(元総理大臣)佐藤栄作(元総理大臣・ノーベル平和賞)安倍晋太郎(現総理大臣)

 

徳島県 城東高校       10年ぶり11回目

準々決勝

城東高 88-0  鳴門高

準決勝

城東高 54-7  城北高

決勝

城東高 39-14 つるぎ高

 徳島市にある男女共学の県立高校。前身は明治35年に創立された徳島県立高等女学校。普通科のみだが文科省のSGH(スーパーグローバルハイスクール)に指定され主にインドネシアなどで研修を行う。部活動はバスケットボール部や男子ソフトボール部等が盛ん。

 

【主な卒業生】

柳川大樹(リコー)長江晃生(元堺ブレーザーズ)橋本絵莉子・福岡晃子(チャットモンチー)瀬戸内寂聴(尼僧/作家)

 

香川県 高松北高等学校 4年連続12回目

準決勝

高松北 88-10 坂出第一

決勝

高松北 71-14 坂出工

 高松市牟礼町にある。香川県唯一の県立中高一貫校。男女共学の普通科のみだが、進学からサイエンス・カルチャー・スポーツ等のコースがある。全国の強豪として知られる女子バレー部・フェンシング部の他、テニス・レスリング部等も県内の強豪。サッカー部は選手権に4度出場がある。

 

 【主な卒業生】

太田浩介(俳優、オフィス北野所属)遠藤りつこ(バレーボール選手)千野葉子(バレーボール選手)筒井視穂子(バレーボール選手)中村真美(バレーボール選手、元NEC)野口遼太(サッカー選手)塹江敦哉(プロ野球選手、広島東洋カープ所属の投手)

 

 

鹿児島県       鹿児島実業     4年連続18回目

三回戦

鹿児島実 92-0 大島高

準決勝

鹿児島実 88-0 加治木工

決勝

鹿児島実 19-17 鹿児島工

鹿児島市五ケ別府町にある男女共学の私立実業高校。普通・文理・総合学科からなる。

「総合学科」は公務員資格・機械自動車・マルチメディア・情報ビジネス・電気機械・環境土木・スポーツ科学系列と多様な選択肢が用意されている。また、厳しい校則を持つ学校として知られ、「誠実一貫」「静心無言」の校則のもと礼節を重んじる校風を持つ。またスクールバスが充実しており市内各中学校を中心に6路線81か所の停留所が設けられている。

 

運動部は野球・サッカー・駅伝の他に体操や剣道でも活躍。「鹿実」の名は全国でも広く知られる。

 

【主な卒業生】

小瀧尚弘(東芝)徳重元気(コーラ)川向瑛(クボタ)遠藤保仁(ガンバ)前園真聖・城彰二・松井大輔(元サッカー日本代表)定岡正二・入来智(元巨人)杉内俊哉(巨人)本多雄一(ソフトバンク)

 

 

今週末に行われる決勝戦の試合予定

いよいよ11月23日で全ての代表校が出そろいます。予選最終日は下記の五つの地域で予選が行われます。全国大会の抽選会12月2日に大阪北区にある毎日新聞社オーバルホールで行われ3回戦までの組合せが決まります。

兵庫県 11月23日 13:00 市立尼崎高校 v 報徳学園 ユニバ―記念競技場
愛媛県 11月23日 14:05 松山聖陵高校 v 新田高校 ニンジニアスタジアム
長崎県 11月23日 14:05 長崎南山高校 v 長崎北陽台高校 かきどまり陸上競技場
熊本県 11月23日 15:00 熊本西高校 v 九州学院高校 県民総合運動公園スポーツ広場
沖縄県 11月23日 13:00 コザ高校 v 名護高校 読谷村陸上競技場

試合日時・会場は天候によって変更になる場合があります。お出かけの際は必ず

各県ラグビー協会のホームページにてご確認下さい。

 

前編

速報!花園への道 11月19日 17校まとめ 前半 第97回高校ラグビー

 

先週までは

速報!花園への道 11月12日 14校まとめ 第97回高校ラグビー

 

毎日放送のHPでは地区予選決勝の録画配信と一部地域の決勝戦をLiveストリーミング放送しています。

毎日放送 http://www.mbs.jp/rugby/

JSPORTSでの視聴はこちらから!!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top