ラグビーチャンネルJAPAN

すべての人にラグビーを身近に!!

ラグビーとは?

ラグビーとは?

ラグビーとは?

2015年の日本代表が南アフリカを倒してからその存在をはじめて知った方も多いのではないでしょうか?
きっかけやラグビーファン歴などは関係ありません。ラグビーをより楽しむためによりラグビーを知っていきましょう。

じつはラグビーは日本では、かつてサッカーより人気があったんです。

大学ラグビーの決勝などは成人式後の新成人たちが晴れ着姿で秩父宮ラグビー場という東京の青山にあるラグビーの聖地で観戦を楽しむというのが季節の風物詩として楽しまれていました。

ラグビーとはどのようなスポーツなのでしょうか?

 

ラグビーのはじまりは?

1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した。ことがはじまりと言われています。

そのころのフットボールはラグビーとサッカーの起源のようなスポーツで、ボールを手に持つことは許されていましたが、持って走ることは許されていませんでした。

その後、ルールの違いから1870年代にサッカーとラグビーに分岐しました。

ラグビーはイギリスの中上流階級に人気のスポーツとなりました。

 

ラグビーは、イギリスの構成国であるイングランド、スコットランド、ウェールズおよびアイルランドから普及し、イギリス帝国に属するオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどに普及していきました。ラグビーが事実上の国技であるのは、フィジー、ジョージア、ニュージーランド、サモア、トンガ、ウェールズなどです。

現在、ラグビーは五大陸に跨る100以上の国々でプレーされており、117の各国・地域の協会が会員となっています。

TheDigitalArtist / Pixabay

 

 

ラグビーって何人でやるスポーツなの?

1チーム15人でやるスポーツで40分ハーフで闘います。

15人、ほかのスポーツをみてみても、これほど多くの人数でやるスポーツはなかなかないのではないでしょうか?

それぞれのポジションに役割があり、どのような選手でも活躍できるスポーツです。

ポジション別の詳しい解説は始めると止まらないので後日しましょう!

 

ルールって?

ルールは簡単。ボールを持ってはしって相手の陣地に着けるスポーツです。

ただ、ボールを前に投げてはだめです。

もちろん相手は得点されるのを防ぐためにタックルをしてきます。

ボールを持っているプレイヤーは相手をよけたり、吹き飛ばして得点を目指します。

 

相手の陣地にボールを着けると5点、そしてそのあとにキックも成功すると2点が入ります。

そのようにして合計80分闘い、得点が高いほうが勝利します。

 

試合が終わると

試合が終わるとノーサイドといって、どちらのサイドでもないラグビーを愛する仲間としてお互いをたたえあい交流します。

ラグビーは試合後の交流会をアフターマッチファンクションといい、きちんとネクタイをつけたジャケット姿で出席しなくてはなりません。これも紳士のスポーツだからです。

明治大学の選手たち
これだけ見るとどちらの選手が勝ったのかわからない

どうですか?少しはラグビーのことがわかってもらえたでしょうか?

この「知っておもしろい」のセクションでは、ラグビーのルールや選手の役割、またラグビーのこぼれ話など知っておもしろい情報を提供しますので、心ゆくまでラグビーの世界をお楽しみください。

Return Top